入学式の情報

入学式に周りから浮かない服装

私服がある学校に子供が入学するのであれば、入学式の日にも制服を着ていくようになりますので、子供の服装に迷う事はありません。
しかし親には制服はありませんので、何を着ていけばいいのかを考えていくようにしましょう。
入学式が行われるのは春の時期になりますので、春らしい白や淡い色を選ぶようにしたいものです。
華やかな門出にふさわしい色ともいえます。
しかしこれは入学する学校によっても違いが出てくるようになるのです。
白系の服装をした母親が多い学校もあれば、地味な黒っぽい服を着た母親が多い学校もありますので、どの色で行けばいいのかはよくわからないものでもあります。
そこで参考にするといいのが、去年はどんな色を来た人達が多かったのかをリサーチしてみる事です。
去年入学式に参加した知人がいるのであれば聞いてみるといいでしょう。
そうすれば今年の流れもある程度は読めるようになりますので、参考に聞いてみる事によって自分だけ浮いてしまうような事は避けられるでしょう。

入学式で父親が選びたい服装

晴れの日である入学式、子供以上に緊張している保護者の方は多いでしょう。
どういったことに注意すればよいでしょう。
服装はあくまでも子供が主役であることを心がけましょう。
時々、どちらが主役なのか分からないほど着飾ってくるお母様を見かけます。
着物も良いのですが、着慣れていないと大変です。
特に教室が遠かったり、移動が沢山あると、スーツ姿のお母様たちに遅れをとってしまいます。
入学式には、メモ帳と筆記用具、そしてエコバッグなどの手提げを用意しましょう。
学校側から予め言われるケースもありますが、言われなくとも持っていて損はありません。
教科書や参考書などを入学式当日に渡されることが多いからです。
予め袋に入っていても持ち手がついていないこともあります。
保護者同士の繋がりも大切にしたいので、携帯電話やスマートフォンを持参し、仲良くなった保護者同士で連絡先を交換し合うのも良いでしょう。
お子さんのより良い学校生活は入学式から始まります。

recommend

ゼニスの高価買取

最終更新日:2017/6/8


 

copyright(c) 2015 「入学式のすべて」 all rights reserved.